様々なカラーがある|ライトワーカーやインディゴチルドレンの特徴や使命を知る!|AuraHouse

AuraHouse

健康維持に役立つオーラを見る方法~エネルギーを色で見よう~

色ごとに異なるオーラの意味・5選

赤いオーラのエネルギー

赤いオーラは情熱や熱意等のアクティブなエネルギーを意味します。この赤いオーラを纏う人はそのひたむきさ故、人望に恵まれる事が多いでしょう。真っ直ぐな姿勢で相手と向き合うその姿は、まさに赤い情熱の人間と言えるでしょう。

青いオーラのエネルギー

青いオーラはクールなエネルギーです。このオーラを持つ人は知的さと優れた判断力を兼ね揃えており常に冷静な態度で物事に取り掛かりトラブルを解決へと導きます。あまり、目立つタイプではなく影からの支援に向き、主役を支える大事な役割を持つ人が纏うオーラです。

白いオーラのエネルギー

白いオーラは純粋で光や希望を象徴するエネルギーです。白のオーラを持つ人は何事にも向いている万能な人で要領のいい人が多く、代わりに何色にも染まりやすいオーラでもあり、流されやすい特徴を持つハイリスク且つハイリターンな特性を持っています。

黒いオーラのエネルギー

黒のオーラは癒しをもたらすエネルギーです。このオーラは非常に協調しにくく他のオーラとは合わないことが多く個性の強い人が持つことの多いです。しかし、一度気が合えば周りを引き立てるエネルギーで青とは違った意味で影からの支援に向いたオーラです。このオーラは周りのエネルギーを遮断する非常に珍しいオーラでオーラの特異点ともいえるエネルギーです。

無色のオーラのエネルギー

無色のオーラは非常に優れた色です。周りの色を調和し、時には取り込むこともできるオーラの中で最も優れたエネルギーです。このオーラを持つ人はそのほとんどが成功者の候補であり人を導くのではなく、支配するという特性を持ちます。無色のオーラはエネルギーの頂点とも言えるでしょう。

様々なカラーがある

スピリチュアル

健康はオーラの状態で管理できる

オーラは健康にも影響することをご存知でしたか?実は風邪等の軽い病気ならオーラを使って治せるんです。風邪をひいたり熱を出すとネガティブな事を考えることが多いですよね。それは風邪などによって引き起こされる負のエネルギーが感情に触れているからです。また、負のオーラは病気等の体調不良を促進させる厄介なエネルギーなのです。逆にプラスのオーラは健康を促進させたり維持することができます。ポジティブな事を考えると体が軽くなりますよね?それは負のオーラと同じで感情に正のオーラが触れて健康を促進させているのです。つまり、オーラは感情により変えることができ、そのエネルギーで健康を促進させることや、維持することができるのです。オーラを見る方法を活用して健康を促進させましょう。

チャクラの位置を把握しておくことが大切

チャクラとは「車輪」を意味します。チャクラは第1から第7まで存在しており、このチャクラの流れの状態でその日の調子が決まります。第1のチャクラは背骨の基部にあり、生命力を維持する大事な役割を持ちます。第2のチャクラはへその少し下にあり感受性や創造性をつかさどります。第3のチャクラはちょうどみぞおちの部分にあります。このチャクラが弱っていると情緒不安定になるので気をつけましょう。第4のチャクラは胸の中心に位置しており感情を左右する場所です。第5のチャクラは喉のあたりにあり、ここの調子がいい時は自分を素直に表現することができます。第6のチャクラは額の部分にあり、判断力や洞察力をつかさどる場所です。第7のチャクラは頭の頂点にあり感謝の感情をつかさどります。これらのチャクラの流れを上手く管理することで状況を有利にできます。

色の薄さで意味も変わる!

オーラは色の濃度も関係してきます。例えば赤いオーラが薄いとその人の情熱はやや冷め気味であり、アクティブなエネルギーとしては十分に役割を発揮していません。逆に色が濃いければ濃いほどそのエネルギーは高まります。赤ければ赤いほどその人は情熱が大きく手に負えない、というケースもあります。黒と白等のオーラは例外で初めから色の濃度が決まっているのから基本的にその性質を失うことはほとんどありません。オーラの濃度も重要なポイントです。